« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

★永遠発のスニーカー★

先日、永遠の21ことフォーエバ~21にお仕入れに行って参りましたbus

リメイクの材料を見つけに行くには、最高の仕入れ場所であるフォーエバ~bell


まずは、こちらのshoeスニーカーを2足ゲットshoe

Photo_2

ワタシが、中学生だったら、確実にコンバースのオールスターを履くように、
右足ちゃいろ・左足みどりであべこべにして、そのまま履いていたであろうこのスニーカーhorse

お値段、なんと   1,250円dollar

安すぎて、テンションだけで色違いで5足位買ってしまうとこでしたwave

そんな学生でもはけるスポーティーなスニーカーを
学生じゃなくてもはけるスニーカーにリメイクしましたtulip

2

1



4

3_2

トップとカカトの部分に、
太めの毛糸で編まれた茶色のニットをつけて、
寒い冬でもあったかく見えるように~aries

全面ブロックチェックでカジュアルなイメージだったのを、
無地のニット素材をつけて、少しクラシックな雰囲気になるようにしましたdrama

オフホワイトのスカラップレースをふわふわっと靴ひもにチェンジshine

こちらのスニーカー値段とは反比例で、ソールの部分が丈夫ですgood

ニットの部分が取れるんじゃないかと、不安だったので、
本日、茶色のスニーカーを1日履いて、ちょこまか動き回りましたが、
大丈夫でした☆
学生の時みたいに、体育の時間に履いたりするには、確実に不向きなデザインですが、
日常では、全くの無問題です~apple

もし、いいなぁ~って思って頂ける方がいましたら、お気軽にご連絡くださいませ~
お譲りいたします~

緑のチェックが、新品の状態でワタシの横で、
外に出れる日を楽しみにまっております~chick

世界でどこを探しても1足しかない、永遠発のスニーカーですfuji





| | コメント (2) | トラックバック (0)

高低差ありすぎて、耳キィ~ンってなるわ!!

これまで、ドでかいナンのようなパッチン止めを作ってきましたが、

この度、

フットぼーるアワーの後藤さんに例え突っ込みされそうなくらいの、

とっても高低差、いや、大小差のある、小さいナンを焼き上げてみました。


大小差ありすぎて、耳キィ~んってなったら、すいません。。。



slate証拠画像①slate

1

小鳥より、小さいです。

movie証拠画像②movie

2

綿棒より、小さいです。

実サイズ5~6センチ位

斜め分けした前髪をサイドにパッチン。

結んだ髪の飾りにパッチン。

小さいけど、存在感があるパッチン。

ビービー弾のようなカラフルビーズがついているパッチン。

ぎこちない形に裁断したフェルトで遊びゴコロというものを演出してみたパッチン。

4

5

7

3

8 


パッチン
パッチン
パッチン
って、読み過ぎ&画像見過ぎてて、耳キィ~んってなってたら、あしからずです。。。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドヘアアクセサリーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在、村民になっております。

こんばんは。

つい先日より、ワタクシ、右も左も分からない状態で、とある村に入村しております。

その村には、何万人もの村民がいるらしいのですが、
いまだかつて、隣人いや、村民の方に一度もお目にかかったコトがないという、
謎の村でございます。

この謎の村には、さまざまな部族が住んでおり、
その同じ部族の中で、自分が生み出したモノのを、
日々、アレやコレや~と発表会をしております。

その発表会の観客の合計人数で、毎日、村に住む自分のポジションが決まります。
観客の人数が多ければ多いほど、ベストポジションに住めるという訳です。

数字がモノをいう、弱肉強食の村なのです。


そんな村からは、富士山がみえます。

そんな村には、コアラもいるようです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドヘアアクセサリーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ オリジナルハンドメイドへ
にほんブログ村

そうなんです。

こちらの村には、ハンドメイドブログの部族の人たちが集まっています。
ハンドメイド好きの人・ハンドメイドを見るのが好きな人・少しでも多くの人に、
自分のブログを見てもらえたらいいな~っと思って入村してみました。

上の富士山とコアラ山をクリックして頂くと、ワタシのブログの観客人数にカウントされます。
そのアクセス数の多い人が、ブログ村のランキングの上位に上がってくるというシステムのようです。

ものすごく、遠まわしになりましたが、もし、ブログを見て「よかったよ~」ってなったら、クリックお願いします。

※クリックすると、ハンドメイドブログランキングのサイトに飛んでいきます。
変なサイトにいかないので、ご安心を~

という、世にも奇妙なずうずうしい宣伝のお話です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

◆あいうえお作文

1_1 

1_2

1_3_2

1_4

1_5 

っと止めるだけで、3秒もしないうちに髪型のアクセントになります。



かい方によっては、ニット帽のサイドに差し込むように縦にパッチンすると、
ブローチ代わりにもなります。






いさくもなく大きくもなく、ふつう位の大きさです。平均10センチ。



!!パッチンする方向を左右替えると、デザインが逆になって、変化します。
ワタシの中では、2WAYだと思っております。
(5枚目の画像の、右と左のように、カーブの曲線が変わります。)




んなに探しても、手づくりなので、同じモノはございません。
世界にひとつだけのパッチンどめ。




ちゃんこ笑顔になれるようなステキなパッチンどめを作るコトに全力をつくしておりますので、
今後ともよろしくお願いいたします☆

| | コメント (6) | トラックバック (0)

★カラフルぱっちん

1_6

あったかいカラフルな色を頭にパッチンしていると。

寒い冬だって、きっと、このパッチンから、

あったかさが、こぼれてきちゃうコトでしょう。


そんな願いこめて、焼き上げました。

焼きたてです!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

顔だし~★

Photo

Photo_2

カメラマンの人が、自然な笑顔を写すコトで、
カメラマン冥利につきるように、

ワタシは、いかにふざけた顔をしたモノを作って、
それを手にとった人が、自然に笑顔になるコトがとってもうれしいです。

ええ、上は、パッチン止め
きゃあ、下は、ヘアゴム

どこに、つけていくねん!!
なに、つけてんねん!!って言われるかもしれませんが、

きっと、その後に笑ってくれるコトでしょう。

つけてる人も、それを見た人も~

そうなれば、いいと思って作りました。

というこの文章を書いてるワタシは・・・・・



真顔なう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

◆実は、デルモ着用

 

Head

Head_4

実は、一昨日友達に「頭にナンをのせるモデルをやってください。」と頼みました。

実は、頭にナンをのせる専属のモデルさんです。感謝です。

実は、モデルさんが、頭にナンをのっけてくれたおかげで、少し大きさが分かったナンピン

実は、カメラマンのワタシの取り方がヘタっぴなので、分かりにくいですが、軽く10センチはあります。

実は、明日あたり、ちっちゃいピンも作ろうと思っています。

実は、ワタシ・・・・・

このサビのひびけ~の後の部分が、「りん どん ちゃぁ~~~」っと源氏物語の時代に流行ってそうな、
蹴鞠をつきながら遊ぶお唄のリズムにしか聞こえていません。

それをかっこよく唄う、サングラスの向こうには、つぶらな瞳をうかべるエグざいる。

実は、絶対違う事にも気付いているんですけどね。
なぜか、そう聞こえてしまいます。

だからよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

◆ 欲望 ◆

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

あとで、文章追加します。

衝撃的にねむいので、きょうは欲望のままに眠りにつきます。

こちら、これから1週間位で、いっぱ~い作ろうと思っている、

パッチンピン特集です。

ワタシのパッチンピンに対する欲望を満たすために作ります。

欲しい方は、欲望のまま言ってください。

喜んで、キャンキャン言いながら、お届けします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

◆ナン4枚

ナン4枚

やきあがったナンです。

ナンのような形のヘアナンです。

裏にパッチンピンを内蔵したナンです。

何ナンですか?!ってなりますよね。

なんナンです。

それをテーマにした、ナン型ヘアピンなんです。

直径10センチほどのナンです。

また、きれいな画像で更新するナン。

取り急ぎナン画像ナン。

後日、ナンに関わりのある人に、撒き散らすナンです。

ナン4枚★

できたてをお届けするので、お楽しみにナン。

届くまでに、冷えちゃってるかもですが、

中身はホクホク。
つけるとキャピキャピできる。

まさかのキャリ~ぱみゅパミュのようなナンです。

ナンてったって、ワタシ基本にわかミ~ハ~ですから★

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »